安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

スタッフブログ

営業部の片岡です。

シックハウスについて今日はお話しします。

シックハウス症候群というのは、お家づくりを考えている方であれば聞いたことのある言葉だと思います。

建物に使われる建材などから出る揮発性有機化合物によって健康害を及ぼす状態の事ですが、

1990年代後半ころから社会問題になり2003年にシックハウス対策法が施行され、今まで。

15年経ちました。それからシックハウスは無くなったんでしょうか?

そのシックハウス対策法の3本柱を簡単に言うと、

⓵厚労省が室内濃度指針値を定めホルムアルデヒドの発散量のランク付けされ使用建材制限がかけられた。

⓶24時間換気の義務付け

⓷クロルピリホスという主にシロアリ駆除剤に使われていたものが使用禁止になった。

といった内容です。

⓵に関して、厚厚生労働省は、住宅に最も多く見つかり、健康被害を引き起こす化学物質13種類と、その濃度指針値を定めています。
 ちなみに昨年3物質追加され16物質になっています。室内濃度規制強化されました。
 シックハウス対策法から15年経ってより規制強化をしています。これはいったいどういう事でしょうか?
⓶に関して、換気はいいことだと思いますが、そもそも化学物質が出ている前提の法律ですね。
⓷に関して、規制のかかっていない安全なものになっていると思いますか?シロアリ駆除剤に!

と、いろいろ考えさせられるシックハウス。

とは言え、誰もがシックハウス症候群になっているわけではないのですが。

怖いのは、毒性の強弱ではなく、ゆっくりと時間をかけて体に蓄積して発症する花粉症のようなもので、いつ症状がでるかわからないところ。

また、その症状には、うつや、イライラ、不眠、など、神経障害があるってことです。

一概に家のせいだと決めつけれないのですが、家を建てて健康害は本当に避けたいです。

気になる方がみえれば、シックハウス診断士補の私にご相談ください!

ありがとうございました。

コメント一覧

現在コメントはありません。

コメントする

  • コメント

同じ数字を入力してください。(ドットはその数) *

お問い合わせ 資料請求 イベント情報