安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

こんにちは。

安藤建築工事部の幾嶋です。

先日基礎工事の「鉄筋検査」を行ってきましたので、少しだけお話しさせていただきます。

弊社では基礎に「ベタ基礎」を採用させていただいております。

べた基礎とは、簡単に申しますと基礎全体を鉄筋でくみ上げ、それらをコンクリートで覆って作る基礎になります。

これから上に組み上げられる建物の、まさしく「基礎」になりますので、しっかり検査する必要がございます。

その鉄筋検査項目は18項目にわたります。

一つ一つ内容の確認を行い、コンクリートを打ってしまうと見えなくなってしまう部分になるため

写真に収めていきます。

検査項目は、鉄筋の種類(径)、鉄筋のピッチ(鉄筋の間隔寸法)、定着(重なり長さ)、

かぶり(鉄筋周りのコンクリート厚さ)、補強筋、ベース型枠の通り、建物の位置等になります。

これらの検査合格後に鉄筋を巻き込む形でコンクリートを打ち込みます。

このような検査を経て頑丈な基礎が出来上がり、あとは上物が来るのを待つのみになります。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

コメント一覧

現在コメントはありません。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報