安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

1週間ぶりです。

工事部の齋藤です。

最近、協力業者の方からよく聞くのですが、

白アリ対策を新築以降何もされていない方が多いということです。

床下のことなので普段目に映るところではなく、多くの方があまり気にされていないのが現状です。

ところが、白アリ被害で構造躯体がだめになったりするとそれを修復する費用は馬鹿になりません。

そうならないために防蟻処理を行っていただけるといいのですが、防蟻処理剤にも種類がございます。

一般的な農薬系の防蟻剤は揮発性で、施工後約5年で効果がなくなってしまうため、再施工が必要になります。

安藤建築がおすすめするのは、ホウ酸の防蟻剤(エコボロンPRO)です。

ホウ酸は揮発しないため、そこにずっととどまり効果が半永久的に継続します。人体にも優しく目薬などにも使用されています。

水溶性のため、水にぬれると流れてしまうというデメリットがあり、床下浸水などの被害にあうと再施工が必要です。

また、農薬系の薬剤に比べると、コストが少しお高くなります。

ただ、5年ごとの施工が必要である農薬系の薬剤に対し、

ホウ酸の防蟻剤(エコボロンPRO)は保証期間(5年or10年)を過ぎても、それ以降も効果が続くので5年ごとの施工が必要ありません。

長い目で見るといいのかなと思います。

安心して長く住めるお家にするためには、人間の体と一緒でメンテナンスが必要です。

メンテナンス費をできるだけ抑えるためにも、ホウ酸で防蟻処理は効果的だと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

コメント一覧

現在コメントはありません。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報