安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

こんにちは。

工事部の幾嶋です。

本日は在来工法建て方検査についてご紹介させていただきます。

建て方(構造躯体)工事を終えると、工事が図面通りきちんとできているかのチェックを行います。

この「検査」は、基礎鉄筋検査、基礎立ち上がり型枠検査、基礎完了検査、建て方検査、防水検査、断熱検査、造作(大工完了)検査、社内検査と要所要所で行っていく検査のうちの一つになります。

建て方検査では、金物が図面通り取り付けられているか、釘は指定のものを使用して規定通りのピッチで打たれているか、柱は床に対して水平に取り付けられているかなどじっくり時間をかけて確認していきます。

一番右の金物ボルトが赤スプレーで塗られていますが、これは一か所一か所ボルトのゆるみがないかのチェックを行い、問題ないものに「確認済」の印をつけていっているものになります。

こうして、建て方のチェックを行い、次工程の造作大工さんの作業に移ります。

一つ一つの丁寧な検査確認がお客様にご安心いただける建物を作る上では重要になります。

本日はこのくらいにさせていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント一覧

現在コメントはありません。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報