安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

こんにちは。安藤建築 総務部の小笠原です。

災害が起きると身の安全を確保した後は食糧の確保が最優先となります。
普段から防災、備蓄を心がけて行かなければなりませんが実際はなかなか・・・ と言う方も多いのではないでしょうか。
わが家では一応災害時に困らないように!と備蓄を心がけていましたが、先日の関西の地震をきっかけに今一度防災用品、非常食のチェックを行いました。
すると非常食の賞味期限が!! 8人家族3日分の大量の非常食が今後次々と賞味期限切れになる事が判明し少々途方に暮れてしまいました。

そこで今後は内閣府もおすすめしている「ローリングストック法」という備え方を取り入れていく事が良いのではないかと考えています。
「ローリングストック法」を簡単に説明しますと、非常時にも食べられる食品をまとめて購入し、定期的に(1・2カ月など短期的に)通常の食事に取り入れ、減った分を買い足す。使う時は先に購入したものから使う。という事を繰り返していきます。
賞味期限切れの心配もなく、またもしもの時には「慣れた味」で食事がとれるので非常時の食事に関するストレスの軽減にも役立つと言われています。

大きな被害が及ぶ可能性のある南海トラフ巨大地震では「1週間以上」の備蓄が望ましいとの指摘もあり備蓄の取り組みにくさを助長してしまいますが、最初の2・3日は冷蔵庫の中の物、その後ローリングストックされている食品で乗り切る、と考えれば非常食の備蓄のハードルが少し下がって取り組みやすくなるのではないでしょうか。

 

コメント一覧

現在コメントはありません。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報