安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

おはようございます。

工事部の幾嶋です。

先日防水検査を行ってまいりましたのでご紹介いたします。

 

特に壁と屋根の取り合いがある部分は、もし水が浸入したとしても、

その先に防水処置が施してあり、中に入らないような対策をしてありますので、

正しく施工してあるかしっかり確認いたします。

防水紙の重ねしろの確認。

外部へ配管が出ている部分を防水テープで処理してあるかの確認。

左上がエアコンダクト、右下が換気扇の防水処理になります。

防水テープをしっかり貼って内部への水の浸入を防ぎます。

外部からの水の浸入は、万が一入った場合、なかなか場所を特定するのが難しいですが

あらかじめウィークポイントをしっかりと押さえておけば、通常ほぼ問題ございません。

ただ、最近の想像以上の台風などによる被害が完全に防げるわけではないと思っておりますので、

そんな想定外のことにも耐えうるよう進化させながら施工をしております。

本日はここまでにさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

コメント一覧

現在コメントはありません。

コメントする

  • コメント

同じ数字を入力してください。(ドットはその数) *

お問い合わせ 資料請求 イベント情報