安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

こんにちは、安藤建築 総務部の小笠原です。

月一で発信しておりますリフォーム情報だよりの7月のご提案は、今更ながらのテーマではありますがLED照明への切り換えです。
生活の中ですっかりお馴染みになってきたLED照明は、電球タイプであれば注意事項はいくつかありますが簡単にできます。
電球の価格も発売当初に比べると随分お値打ちになってきていますので、まだLED電球にしていないという方は検討してみるのも良いのではないでしょうか。

LED照明のメリットをわかりやすくまとめたものが下記の表です。

聞いたことのある省エネ・長寿命から、消費電力だけでない環境にやさしい点など、様々なメリットがあります。

そして、どうして消費電力が少なくすむのかというとを今回始めて知りましたので、知っている方も多いかもしれませんがせっかくなのでシェアしたいと思います。

【LEDの豆知識】
LEDの変換効率という言葉を知っていますか?
変換効率とは、電気エネルギーを可視光線(人間の目で見ることのできる波長の電磁波)にどれだけ効率よく変換できるかという指標です。
入力する電気エネルギーを100%とすると、一般的な白熱電球の場合は10%、蛍光灯は20%程度ですが、LEDの場合は30~50%変換できます。
白熱電球は電気で電球内部の金属を加熱し、その熱放射の際に発生する電磁波の一部を明かり(可視光線)として利用します。つまり変換効率が10%というのは、わずか10%だけ可視光線に代わるという意味で、残りの90%の電気エネルギーは不可視光線(赤外線、紫外線)や熱に変わります。
それに対し、LEDの発光原理は白熱電球のように熱放射によるものではなく、半導体が電気エネルギーを直接光に変換します。
この発光原理により電気エネルギーの大半を可視光線に変える事で驚異的な変換効率を実現しているので、白熱電球と同じ明るさのLED照明は、圧倒的に少ない消費電力で、発熱を抑えながら効率よく発光させることが可能なので電気代がおトクというわけです。

へぇ~~、と言うくらいの豆知識でした (^^ゞ
でも知ったらLED照明に変えたくなりませんか?

LED電球交換、照明器具交換など気になることがありましたら ぜひお問い合わせください。

コメント一覧

現在コメントはありません。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報