安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

こんにちは。安藤建築 総務部の小笠原です。

10月のリフォーム情報だよりのご提案は「給湯器」です。
街の樹々もちらほら色づき、秋の深まりを感じる頃となりました。
安心して寒い冬を迎えるために、本格的に寒くなる前に↓の給湯器のチェックしてみてくださいね(*´▽`*)

 

 

給湯器には、「ガス給湯器」と「電気給湯器」の2種類があります。

★ガス給湯器には「貯湯式」と「瞬間式」があります。

  • 「ガス – 貯湯式」とは、一定量の水をタンクにためて、ガスでおこした火の熱で設定した温度まで水を温めます。設定温度になると自動で消火し、温度が下がると再び点火して温めます。
  • 「ガス – 瞬間式」とは、パイプの周りに直接火が当たり、その中を通る水を一瞬で沸かす方法です。水がパイプを通る間にお湯になるので必要な時に使いたいだけお湯を使う事ができます。ガスの量の調整によって火力を変化させて温度も調節可能です。代表的なものが「エコジョーズ」で、エコジョーズはこれまで捨てていた排気熱も再利用することで給湯熱効率がUPするため、少ないガス量で効率的に給湯ができ省エネ性が高い給湯器と言われます。

 

★電気給湯器とは、電気でタンクの水を沸かす貯湯式の給湯器です。お湯を使用すると、その分だけタンクに給水されお湯が作られます。常にタンクの中に水が入っている状態なので、災害時には非常用として水を使用することもできます。(ただし飲用ではありません)
さらに電気代の安い夜間の内に1日分のお湯を沸かし、タンクに溜めておくことで光熱費を抑えることができる仕組みです。

また、電気給湯器には、「電気温水器」と「エコキュート」の2種類があり、「お湯の作り方」「電気代」「外観」「音」に大きな違いがあります。

  • 「電気温水器」は、電気の力のみでお湯を沸かし、お湯を貯めておく、わかりやすい仕組み。お湯を貯めておく「貯湯ユニット」ひとつでよいのでエコキュートに比べて省スペース。お湯を沸かす稼働音も無音に近いです。
  • 「エコキュート」は、大気の熱を圧縮することで熱を作り出しお湯を作るという、ちょっと複雑な仕組みです。屋外の空気から熱を集めて少ない電力で効率的に熱エネルギーを作ることができるため、お湯を作る電気のエネルギーを「 1 」とすると、お湯を作るパワーがエコキュートは「 3 」(電気温水器は「 0.9 」)という事から、エコキュートはかなり高効率と言えるのです。ただし、お湯を貯めておく「貯湯ユニット」の他にお湯を沸かす「ヒートポンプユニット」が必要なので、ユニットの設置場所がふたつ分必要です。また、稼働音も低音設計をしていますが、稼働音があります。

 

ご紹介した各給湯器の特徴は一部ですが、どの給湯器にもメリット・デメリットがあります。新築時から年月が経ち、家族構成やライフスタイルが変わることにより、ご家庭にぴったりな給湯器も変わってきます。交換のタイミングで一度ご検討されるのも良いかもしれません。

 

コメント一覧

現在コメントはありません。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報