安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

今日は『地縄張り』についてお話したいと思います。

 

工事の着工までには、一般的に地鎮祭を行い土地の神様に工事の無事を祈願する事が多くございます。

 

 

弊社ではその後に御施主様と立会で地縄張りの確認を現場で行っております。

さて『地縄張り』とは?

簡単に言いますと、配置図面で決まっている建物位置を現地にテープ等で明示し確認する事です。

 

この写真では緑色のテープが建物の壁芯位置を表しています。

 

外壁から敷地境界、隣地までの距離は実際に問題無いか、目で見て確認する。

近隣状況、高低差や、外構、設備の関係等々図面で感じれなかった事が分かったり

想像とのギャップを発見できたりする事もあります。

 

机上で確認する事と、現場で実際にお客様、設計、施工の三者で最終確認する事で

確実な施工へと繋げていく訳です。

 

地縄の段階では平面的な為、よく「思ったより小さいなぁ」なんて言われますが

建方が終わり立体的になると上棟後の配線打合せでは、「心配しましたけど想像より大きかったです!!」

という事も建築あるあるですね♪ 建築あるあるはやく言いた~いbyRG

 

何事も念押しが大切です!

 

次回は『基礎工事用語について』お話したいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

コメント一覧

現在コメントはありません。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報