安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

今日は基礎工事用語『水盛り遣方(みずもりやりかた)』についてお話したいと思います。

 

見積の項目等でお目にかかった事があるかも知れませんね。

ざっくり言いますと、基礎工事の基準となる高さや通りを確認する事を目的として、木杭(きぐい)や貫板(ぬきいた)と呼ばれる木材を建物外周に設置して、水糸(みずいと)と呼ばれる丈夫な糸を端から端まで渡す事です。

なんのこっちゃという方は画像をどうぞ!

 

画像を見れば、ぁあ~これね!見たことあるっていう感じではないでしょうか。

非常に重要な基準になりますので、ガッチリ固定させて高さや通りの検査でも確認するのです。

 

 

基礎工事の各種検査では、まず水盛遣り方が合っているかの確認、そして水糸や貫板基準からの寸法チェックを行います。

こんな風にやっているんですよ♪

参考になりましたでしょうか。

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメント一覧

現在コメントはありません。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報