安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

今日は『捨てコン』についてお話したいと思います。

 

基礎工事中などによく使われる『捨てコン』という言葉。

言葉通りにとらえるとコンクリートを捨てるの?何で??

と思われるかもしれませんね。

 

基礎工事は、『水盛遣り方』の次に地面を基礎の底面の深さまで掘ります。

 

こんな感じで、外周はベタ基礎の場合少し深くなります。

さて、ここにコンクリートを流して基礎の形状に固める為には、流れていかないように板で外周を囲う必要がありますよね。

その板の事を一般に『型枠(かたわく)』と言います。

しかし、この土の上に型枠を真っ直ぐ高さを揃えてキレイに組み立てる事が出来るでしょうか??

大半の方は難しいと思います、そこで・・・

 

 

このようにまず砕石と呼ばれる小さい石を敷き詰めて、押し固めた上にコンクリート(厚さ数センチ)を流して平らにします。

そうするとこの上には墨を打って線を引く事も出来、釘を打って留める事も出来る訳ですね。

つまり、作業上必要な為に打つコンクリートの事を『捨てコンクリート⇒捨てコン』と言うのです。

構造上耐力を期待するものでは無く、作業性が確保出来れば良しというものなのでヒビが入っても問題ありませんのでご心配なされませんように♪

 

このように型枠がバッチリ設置できるという事です!!

 

それでは今日はここまで。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメント一覧

現在コメントはありません。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報