安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

スタッフブログ

設計

  • おはようございます。

    今日は『 地盤調査 』のご紹介です。

     

    住宅を建てる前に地盤の強度や地質・水位等を調べる地盤調査。

    昨今、地震の被害が各地で報告をされていますが、住宅の耐震性能は元よりしっかりした地盤の上に建つ事が大前提になってきます。

    その上で重要なのが、地盤調査なのです。

     

    一般的には、住宅規模ですとスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)が多く実施されています。

    簡単に言いますと、先端の尖った鉄の棒に25kgずつ重りを乗せて合計100kgとし、棒を25cm沈める為に何回転させたかで地盤の強さ、固さを推測する方法。

     

    現在ではこのように機械化されています。

     

    長所

    ・費用が安価

    ・方法が簡易で容易に測定可能

     

    短所

    ・ガラ等固い物が有ると貫入不可

    ・土質が採取出来ない為、概略的判断

     

    メーカーによっては無料でやらせていただきます、というところも有るとか無いとか。

    でもそれって契約に至った無関係のオーナー様が負担しているに等しいですよね・・・

     

    それはさておき、ここでのポイントは土質の概略、推測の判断要素が大きいという事です。

    そこで、弊社では標準貫入試験(ボーリング)をSWS試験と合わせて行いデータの確実性を高めております。

     

    標準貫入試験とは、簡単に言いますとボーリング孔を掘って、土質採取装置を先端にハンマーの落下打撃で30cm打ち込むのに要する回数で地盤の強さ固さを調べる方法です。

     

    こんな、やぐらを街で見かけた事はありませんか?

     

    長所

    ・土質を採取装置(サンプラー)で各層から採ってくる為、正確に把握できる

    地下水位を正確に把握できる

    ・硬質地盤も調査可能

     

    短所

    ・調査時間が長い

    ・費用がSWSより高価

     

    当然短所も有りますが、一日で終わりますし、何十万もかかりませんので地震災害等を考えれば是非ともやっておいていただきたい!というのが我々の想いです。

    それでは最後に、サンプラーから土質を採取するところです。

     

    今日は紹介までですが、少しは参考になりましたでしょうか。

     

    本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

1 / 11
お問い合わせ 資料請求 イベント情報