安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

スタッフブログ

設計

  • おはようございます。

     

    今日は『お庭写真』のご紹介です。

     

    と言いますのも・・・現在、第二弾フォトコンテストを開催中だからで~す!

     

    今回のテーマは、 ~春のガーデニング自慢~  詳細は安藤建築HPにて!!

    今回は愛知県にお住まいの方ならどなたでもご参加いただけます。

    お気軽にご応募ください(2018.4/16~6/17)。

     

    お手入れをさぼっていたマダムもまだ間に合いますよ♪

    何より頑張って手をかけたお庭にスポットを当ててあげるのが楽しみですよね。

     

    それでは、ご紹介

    シンボルツリー!

     

    アプローチをさりげなく演出してくれる緑♪

     

    夜のライトアップバージョンも素敵ですよね!

    楽しんでいただけましたでしょうか、皆様のお庭も是非自慢してくださいね。

    変わったお花とか、植物と○○○の組み合わせオモシロ写真とかいろいろな

    角度からでも自慢しちゃってください!

     

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • おはようございます。

    今日は『北側斜線高さ制限』のご紹介です。

    土地には用途地域という区別が有り、その中でも住居専用系地域(第一種低層住居専用地域・・・等々)と言われる地域には北側斜線という高さ制限があります。

    簡単に言いますと、等しく皆に日照、通風が得られるように高さを強めに制限している地域になりまして、敷地真北から決められた高さ以下にしなければなりません。
    文章は分かり難いのでイメージ画像をどうぞ~

    このように真北から一定の高さ、角度を持った斜線を超えない高さで建物を計画する訳です。街中でたまにみかける不自然な屋根の形は、目に見えない斜線制限を避ける為だったりするんですよね。

    また、こうする事で北隣家には陽がよくあたります♪

    つまり自分の敷地にも同様に陽がよくあたるという訳です。
    地域によってはいろいろな目に見えない制約があったりしますので、住宅を計画の際は一度敷地を専門家に見て条件をおさらいする事をお奨め致します。

    一生に一度の大切な買い物ですので、後悔の無いようにしたいものですね。
    それでは今日はここまで

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • おはようございます、設計部の岡田でございます。

     

    今日は意外と知られていない『安藤建築の社屋』をご紹介致しますね。

     

    弊社社屋は一見すると何屋さん??と思ってしまうような変わった建物が特徴です。

    野並交差点 南のラウンドワンを目印に来ると 近くに紳士服のアオキとカレーココイチバン屋が目に入ります。

    その交差点信号を西に曲がって、町工場群を進んで行くとカラフルな建物がお出迎えです!

    どんっ!!

    スペインのグエル公園??イスラム建築??とインパクトのある打ち合わせ室が皆様をお出迎え致します。

     

    そして、その中は・・・

    子供の絵本の世界のような打合せ室がお目見え~

    トイレも遊び心いっぱいですよ!!

    子供の頃のこんな事できるかな~、あんな事してみたいな~

    を形に出来たら素敵ですよね♪

    興味のある方は、気軽にお立ち寄りくださいませ。

     

    それでは今日はここまで。

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

     

  • 今日は『インテリア』のご紹介です。

     

    クリスマス目前、お部屋の飾りつけを頑張られている皆様の参考になればと。

     

    まずは、先日の見学会から

    ツリーがあるとやっぱり華やぎますよね~、クリスマス感出ます!!

    お次は・・・

    ニッチにさりげなく・・・かわいらしく手軽に雰囲気を楽しめます!

     

    その他、弊社敷地でやっていますクリエーターズマーケット『A-マルシェ』から、クリスマスの飾りつけに良さそうな画像を何点か!

     

     

     

     

     

    いかがでしたでしょうか。

    『A-マルシェ』は、創作作家さん達による手作りアクセサリーやバッグ、織物、服、雑貨、似顔絵等々、他にも天然酵母パンを始め美味しいフードもたくさん、絵付け、寄せ植え、等々のワークショップも開催されていまして毎回魅力たっぷりの内容となっております。

    ちなみに来年は3月頃の開催予定です!!

    それでは、皆様にとって素敵なクリスマスとなりますように。。

     

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • 今日は『高さ制限①』のご紹介です。

     

    以前にお話しました各用途地域には、それぞれ建てられる高さの制限がありますので、その一例を簡単にご紹介致します。

    ①絶対高さ制限(第一種・二種低層住居専用地域)

    例 絶対高さ10m ⇒ 10mを超えない高さ

     

     

    ②道路斜線制限(全ての用途地域)

    例 敷地境界前面道路の境界反対側より1:1.25(1.5)比率の斜線を超えない高さ

     

     

    このように目に見えない制限の元、建物は建てられていますので理由を知ると

    あ~どおりであそこの建物は屋根がイレギュラーに斜めにしてあるのね!

    等々、腑に落ちる事もあるかもしれませんね。

     

    今日は簡単ですがここまで。

    次回は『高さ制限②』隣地斜線、北側斜線についてご紹介致します。

     

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • 今日は『協力業者会』のご紹介です。

     

    協力業者さんに集まっていただき年に数回行っている催しで、主に受注状況、今後の工事工程、仕様や納まり、安全管理等について皆で情報共有と勉強をしております。

     

    その様子を少しだけ・・・

     

    営業報告をする北川専務

     

    工事工程を説明する加藤部長

    新仕様の説明をする岡田部長

    工事コンサルにお越しいただいている久保先生からは、安全管理とCS(顧客満足)について。

    何故必要なのかを、背景からと今後の時世を捉えて分かりやすく丁寧にご説明いただきました。

    協力業者会(正明会)の会長、鈑金屋の白木さんから御挨拶

    (責任感が強く、男気あふれるお祭り男!!)

    締めは川口社長による総括。

     

    時代が急速な変化をする中で、常に未来を見据えて前進していく。

    止まっている暇なんて有りませんね。

    簡単じゃないからこそやりがいがある、人の為だからこそ頑張れる。

    皆、気さくで仕事に真面目で良い仲間に恵まれています。感謝。

    今後も皆で力を合わせて、高め合い、多くのお客様にご満足いただく家を

    提供して三方良しを目指します!!

     

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

     

  • 今日は『ベンチ』のご紹介です。

     

    年々体が固くなってきている事を実感しておりまして・・・

    そんなあなたにあると便利なもの、そう!ベンチですよね~

     

    造作家具と一体化して空間に調和させたり・・・

     

     

     

    桜の幹で風情を出したり・・・

     

     

    と、利便性と個性を玄関にもたらしてくれますよね。

     

    他には折りたたみ式の物もあったりと幅広く商品もございますので、建築会社さんと相談されると後々重宝すると思いますよ。

     

    本日はここまで。

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

     

     

  • 今日は『アシスト』の事例についてお話したいと思います。

     

    先日まで御施主様のご厚意で開催させていただいておりました見学会からの一コマ。

     

     

     

    部屋と庭とのつながりを意識してフラットに移動できるデッキと見通しの良い大開口サッシ(通常幅の4~5割増し)。

    弊社では1階サッシ標準仕様が防犯ガラスとなっておりますし、大開口となると普通のサッシに比べると重さが増します。

    そこで、大開口の場合は『アシスト取手』なるものをオプションで採用していただく事が多くございます。

     

     

     

    通常の掘り込み引手ではなくレバー状の取手となっていまして、このようにレバーを倒して開閉が出来ます!

    掘り込みの引手は指の力を要しますが、アシストの場合はレバーを握って体重を預けると楽に開閉が出来ますので、特にご年配の方にはお薦めしております。

    但し、一点注意が必要なのはカーテンの選定です。サッシ開口枠内に取り付け仕様(ブラインド等)の場合、レバー取手が手前に出ており干渉する恐れがありますので開口枠外に取り付けるカーテン等がお勧めとなります。

     

    以上、計画の際に参考にしていただければと思います。

     

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報