安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

スタッフブログ

スタッフブログ

  • こんにちは!営業部の片岡です。

    土日の見学会では、たくさんのご来場いただき、

    誠にありがとうございました。

    今週、平日も含め10日(日)まで開催しておりますので、

    お気軽にご来場ください。

    17時までとなっておりますが、

    事前ご予約いただければ、17時以降でも

    ご案内可能でございます。

     

    ご覧いただけるとお判りいただけますが、

    毎日の暮らしが楽しいだろうなあって想像つくような

    お家です。

    ただ、必要な部屋を構成しているのではなく、

    自分が好きなもの、好きなことが詰まった家での暮らしは、

    絶対楽しいですよね。

    ワクワクするような家づくり。したいと思いませんか。

     

    料理の好きな人、音楽が好きな人、車が好きな人、お酒が好きな人、映画が好きな人、ダンスが好きな人、読書、絵画、旅行、スポーツ、山、海、空、etc

    なんでも好きなものに囲まれ、好きなものが体感できる家って素敵です。

    リア充って言うんですか。(笑)

    日常生活を豊かにできる家。いいですね!

     

    そういう空間デザインの為の大前提には、

    耐震性や高断熱性・耐久性など。

    忘れてはいけません!

     

    最近、思うのは、

    耐震性が高い。断熱性がどこよりも高い。耐久性や耐火性などなど

    耐震等級3レベルやUA値が0.3以下だとか。

    素晴らしいことです。

    性能が高い家であることは重要です。

    でも、住まいの大切さは、そこが一番ではない気がします。

    それは、前提条件みたいなもので、

    住宅のハードの部分は、

    ご家族の安全や安心、命を守るのは当たり前。

    心を満たすというか、ワクワク楽しい暮らしって、

    ソフトの部分によって実現するものですし、

    その両方のバランスがとれたのが本当にいい家だと思います。

    そのバランスをとるのは、思っている以上に大変なんですね。

    大変だから、お客様では考えきれない。

    だからこそ、私たち建築屋が、

    大変なことを考えに考え、

    提案することが本当のプロだと思っています。

     

    生産性を優先した住宅建築では、やりきれないです。

    生産性もある意味大事なこともあります。

    効率も大切。でも非効率の部分が、

    お客様に満足を与えられることがあると考えます。

     

    次回予告

    「住性能」について。

     

    ありがとうございました。

  • こんにちわ!
    営業部の片岡です。

    明日から12月10日まで、緑区ほら貝におきまして、完成現場見学会を開催いたします。

    今回のお宅は、一言!

    キッチンを中心に家族が、調理と食事を楽しむ家です!

    そして、I様がピピっときたこれがいい!

    というものをしっかり詰め込み、優先順位の低いものはしっかり排除した

    I様のためのI様だけのI様が心豊かに暮らせる家になっています。

    これが注文住宅の良いところだよなあって心から思える家です。

    安藤建築の家はみんなそうなんですが、それがすごくわかる家だと思います。

    坪数は30坪弱というコンパクトながら、坪数以上の広さを感じさせます。

    収納もたっぷりあります。

    遊び心もあります。

    家の中心であるキッチンは、奥様こだわりのオーダーメイド!

    ステンレスのカウンタートップに、

    ドイツ製ガゲナウの

    ハイカロリーバーナーやバーベキューコンロは、

    プロの料理人が愛用するものです。

     

     

     

     

     

     

     

     

    このバーベキューコンロでステーキ焼きたい!

     

     

     

     

     

     

     

     

    下膳、配膳が楽におこなえ、料理を作り人、食べる人が混然一体になれる、

    ダイニングテーブル一体型キッチン!

    ダイニングテーブル近くのオートセンサー洗浄付きのミーレの食洗器!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    トイレや洗面のモザイクタイルも個性的!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    玄関先やリビング内などのニッチもかわいい!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    パントリーから勝手口への動線や、

    もちろんウォークスルーのエントランスクロークなどの動線計画。

    畳の主寝室・ファミリーホール・1階の吹き抜勾配天井のマルチ和室など、

    延床29坪。コンパクトに広く暮らす家を是非この機会に見においで下さい。

     

    最後に、

    ちょうどこの季節、安藤建築の家の断熱性も是非体感ください。

    今日も夕方、無暖房でしたが、家に入るとあったかかったです!

    明日は、ヒーター入れてますが、

    基本小さなガスファンヒーター1個でいこうと思います。

    宜しくお願いします。

  • 今日は『天然無垢材の味わいシリーズ③』についてお話したいと思います。

     

    先回に引き続き杉板から

     

    こちらの写真中央の杉板、柾目が並んでおります。

    これだけの幅の柾をとろうと思ったらどれだけの大木か・・・想像が膨らむみますよね。

     

    そして、既にお気づきの事でしょう。

    色が随分違うのね♪と思われた奥様、流石でございます。

     

     

    ざんっ!!

    左、随分と黒?濃く見えますよね。

    実はこれ、『神代杉』(じんだいすぎと読みますよ)と言いまして

    杉が天変地異等で倒れて、水中や土中に長く長~く(何百年?)埋まって炭化しかけているものなんだそうです。歴史を感じますねぇ、またこの柾目の1本1本が木の年齢を物語っております。

    Aさんとても希少な物を見せていただきありがとうございました。

     

     

     

    そしてこちらは、何年も経て反りが出たものを削って真っ直ぐにしたものだそうです。

    (明るい色の部分が削った箇所)

    1本1本経過を見て手をかけていくのですね。

     

    長年かけて樹が育ち、材木屋さんが丁寧に手をかけ、腕利きの大工さんが皆様のお家へと納めて下さいます。

    たくさんの思いが詰まった樹を皆様が共に暮らしながら、共に年月を重ね、共に味わいを増していく。

    家と共に齢を重ねる。

    そんな暮らしを出来るのが、『天然無垢材の醍醐味』ではないでしょうか。

     

    昨今はこのような暮らしを提供できる建築会社も減ってきております。

    『本物志向』のお方、お気軽にご相談いただけます。

     

    本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

     

  • 今日は『市街化区域』についてお話したいと思います。

     

    建物を優先的に建てやすい地域として

     

    A住居専用系地域(第一・二種低層住居専用地域)

    B住居系地域(第一・二種住居地域、準住居地域)

    C商業系地域(近隣商業地域、商業地域)

    D工業系地域(準工業地域、工業地域、工業専用地域)

     

    といった分類がされています。

    漢字が多くて・・・という方の為に、簡単に言いますと

     

    A住居専用系地域 ⇒境界からの離れ、高さの制限に関して厳しめ

    (低層住宅に陽当り良く良好な環境を守る為)

     

    B住居系地域 ⇒Aほどでは無いが高さ等制限有り

     

    C商業系地域 ⇒厳しい規制は少ない(反面良好な住環境は得られにくいex.近隣高層ビル)

     

    D工業系地域 ⇒読んで字の如し(工業専用地域は住宅不可)

     

    高さ斜線制限等のイメージです

    皆様の土地は、どの地域に該当しましたでしょうか?

    分からない方は、各市町村のHP等で公開しているところが多いので調べてみる事をお奨め致します。

    また弊社では、敷地環境調査(無料)も行っていますので興味のある方はHP・電話等でお気軽にご相談下さい。もう他社でもらった資料はあるけど文字の説明ばかりで分かり難いという方の為に、ビジュアルで分かりやすくを心がけた資料でご説明させていただきますよ。

    本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

  • 営業部の片岡です。

    今月23日(祝)、25日(土)、26日(日)の3日間、豊橋市S様邸見学会では、

    本当にたくさんのご来場をいただき、ありがとうございました。

    3日間とも、朝10時~夕方5時まで、見学会会場にお客様がいない時間帯がほぼないくらいで、

    日曜日午後には、混雑により、いったん帰ってまた出直していただいたお客様も見え、申し訳ありませんでした。

    S様邸は、天然木の床や壁、造り付け家具、漆喰仕上げの壁と天井。

    それだけで、癒される空間ですが、さらに、本物の薪ストーブがより、体と心まで温めてくれました。

    ご来場者の皆様には、自然素材の家造りをされている建築屋さんがたくさんある中、

    お施主様の暮らしにフィットさせ、敷地環境を最大限活かした

    安藤建築の設計プランニングに高い評価を頂けました。

    ありがとうございました。(そこが安藤建築の真骨頂です!)

     

    名古屋方面からわざわざ見えたお客様にも、

    「わざわざ見に来たかいがあった!」とおっしゃっていただいて本当に良かったです。

     

    今回、ご協力くださいましたお施主様のS様、本当にありがとうございました。

     

    少し紹介します。

    吹き抜けのダイニング。

    家族のの気配がいつも感じられる温かな空間。

     

     

    サンクンリビングと全開放サッシ。

    一段下がった床でのくつろぎがなんだか落ち着きます。

    温かな季節が楽しみになるオープンスライドの窓でお庭と一体化。

     

    こだわりのオーダーメイドキッチン。

    沢山のお友達と一緒に調理を楽しむアイランドキッチン。

    ホームパーティーしたくなります。

    ミーレの食洗器があれば、たくさんの洗い物がでても安心。

    テレビ台もコーナー壁面にビルトインですっきり。

     

     

     

    冬でも家の中では、Tシャツと短パンでOK!

    体の芯まで温まります。

     

     

    ご来場者のご主人様方に一番人気の書斎コーナー。

    私もこんな書斎欲しいです。

     

     

    あげればきりがないほど、見どころたっぷりでした。

    家事の時短のための動線や収納計画も皆様に高い評価を受けました。

    これが、34坪という一般的なサイズに盛り込まれていることに驚きです。

     

    また、ご来場者の皆様がほぼ全員おっしゃられていたのは、このお敷地の立地条件でした。

    見晴らしのいい高台の立地です。本当にいい敷地環境だと思います。

     

    しかし、いくらいい敷地環境であっても、そこを活かしたプランニングデザインができていなければ、

    それも感じて頂けなかったのではないかと、思います。

     

    次回、緑区でのI様邸見学会もお施主様のご協力により12月2日~10日まで開催します。

    個性豊かな次回見学会も楽しみにして下さい。

     

    ありがとうございました。

  • 皆様こんばんは

    安藤建築設計部の岡田と申します

    新HPがスタートし初の投稿ということで。
    心機一転、微力ながら皆様の家造りに貢献できるような情報(建築用語や法規、プランニング、構造、メンテナンス、各種イベント情報、等々)を発信していき、疑問や不安が少しでも解消出来ればと考えておりますので末永くお付き合いをよろしくお願い致します。

    建築のこと何も知らなーい、という人に簡潔に分かりやすくを心がけていきますね!

    家族が増えたしそろそろ夢のマイホームかなと漠然と意識し出したけど、計画のスタートにあたって何から始めればよいのかな?と言う方。
    まずは、情報を仕入れましょう!
    方法は
    ①ネット検索(今は皆様スマホで検索ですよね)HP、ブログ、インスタ・・
    ②情報誌   SUUMO、チルチンびと・・・
    ③総合展示場
    ④現場見学会
    ⑤友人、知人の紹介
    といったところでしょうか。
    しかし、今は情報が溢れかえっていますよね。
    漠然と見るには情報が多すぎて、何が何だかよく分からなくなっちゃった~なんて事にならないように自分や家族の関心事を書き出して整理してみると良いかもしれません。
    各社さん概ね
    ・構造(地盤、基礎、躯体、耐震、制震・・・)
    ・デザイン(見た目、間取り、動線・・・)
    ・性能や健康(断熱、気密、調湿・・・)
    ・資金、メンテナンス、保証
    ・会社柄、人柄
    等々を丁寧にご紹介してくれていますので、自分や家族にとっての優先順位をある程度皆で決めて情報収集していくとまとまりやすいかなと思います。
    十人十色の価値観が有りますので焦点を絞っていけば、各社の強みと自分の優先事項がマッチする時が来ます。
    良さそうだなと思ったら実物確認、いろいろと質問してみて下さいね。

    今日は一般的な話でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

  • 安藤建築のサイトをリニューアルいたしました。

    今後共よろしくお願いいたします。

     

     

お問い合わせ 資料請求 イベント情報