安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

  • こんにちは。安藤建築 総務部の小笠原です。

    10月のリフォーム情報だよりのご提案は「給湯器」です。
    街の樹々もちらほら色づき、秋の深まりを感じる頃となりました。
    安心して寒い冬を迎えるために、本格的に寒くなる前に↓の給湯器のチェックしてみてくださいね(*´▽`*)

     

     

    給湯器には、「ガス給湯器」と「電気給湯器」の2種類があります。

    ★ガス給湯器には「貯湯式」と「瞬間式」があります。

    • 「ガス – 貯湯式」とは、一定量の水をタンクにためて、ガスでおこした火の熱で設定した温度まで水を温めます。設定温度になると自動で消火し、温度が下がると再び点火して温めます。
    • 「ガス – 瞬間式」とは、パイプの周りに直接火が当たり、その中を通る水を一瞬で沸かす方法です。水がパイプを通る間にお湯になるので必要な時に使いたいだけお湯を使う事ができます。ガスの量の調整によって火力を変化させて温度も調節可能です。代表的なものが「エコジョーズ」で、エコジョーズはこれまで捨てていた排気熱も再利用することで給湯熱効率がUPするため、少ないガス量で効率的に給湯ができ省エネ性が高い給湯器と言われます。

     

    ★電気給湯器とは、電気でタンクの水を沸かす貯湯式の給湯器です。お湯を使用すると、その分だけタンクに給水されお湯が作られます。常にタンクの中に水が入っている状態なので、災害時には非常用として水を使用することもできます。(ただし飲用ではありません)
    さらに電気代の安い夜間の内に1日分のお湯を沸かし、タンクに溜めておくことで光熱費を抑えることができる仕組みです。

    また、電気給湯器には、「電気温水器」と「エコキュート」の2種類があり、「お湯の作り方」「電気代」「外観」「音」に大きな違いがあります。

    • 「電気温水器」は、電気の力のみでお湯を沸かし、お湯を貯めておく、わかりやすい仕組み。お湯を貯めておく「貯湯ユニット」ひとつでよいのでエコキュートに比べて省スペース。お湯を沸かす稼働音も無音に近いです。
    • 「エコキュート」は、大気の熱を圧縮することで熱を作り出しお湯を作るという、ちょっと複雑な仕組みです。屋外の空気から熱を集めて少ない電力で効率的に熱エネルギーを作ることができるため、お湯を作る電気のエネルギーを「 1 」とすると、お湯を作るパワーがエコキュートは「 3 」(電気温水器は「 0.9 」)という事から、エコキュートはかなり高効率と言えるのです。ただし、お湯を貯めておく「貯湯ユニット」の他にお湯を沸かす「ヒートポンプユニット」が必要なので、ユニットの設置場所がふたつ分必要です。また、稼働音も低音設計をしていますが、稼働音があります。

     

    ご紹介した各給湯器の特徴は一部ですが、どの給湯器にもメリット・デメリットがあります。新築時から年月が経ち、家族構成やライフスタイルが変わることにより、ご家庭にぴったりな給湯器も変わってきます。交換のタイミングで一度ご検討されるのも良いかもしれません。

     

  • 安藤建築の山田です。

    だんだんと寒くなり秋が近づいてきました!

    大好きな紅葉の季節がもうすぐやってきます^^

    事務所の前もこんな感じです~!赤くなってきましたよ~◎

    空も秋晴れキレイ(^O^)これから毎日の変化が楽しみです♪♪

    去年は香嵐渓まで観光にいきましたが行った時期が遅くて紅葉を充分楽しむ事ができませんでした。

    今年は早めに紅葉狩りに出かけたいと思います(^^♪

    もうすぐハロウィンもありますね♪

    カボチャの限定スウィーツを購入して楽しみたいと思います(*^^*)

    みなさんは何の秋ですかー? ぜひ教えてくださいね!!

  • こんにちは。
    総務部の東泊です。

    10月5日に日本の南で発生し、ゆっくりとした速度で日本に近づきつつある台風14号。
    発生時は、予報円が大きかったので進行予想が見えなかったのですが、やはりいつものパターンで列島に沿うように進んできそうです。
    私たち建築をしていると天気はとても気になるもの。
    特に台風となると発生時から台風情報とにらめっこです。

    少しでも台風の影響が出る可能性があれば、建築中のお家の台風養生は必須となります。
    工事部が皆で建築中の現場を何件も回って、片付けや養生をし、現場やその周辺に影響がないように備えます。

    特に上棟や地鎮祭の予定があるときは、社内で「どうかこっちに来ないで~」と祈るような気持ちでいます。
    今回の台風が名古屋に接近するのはこの週末になりそうです。
    日曜には地鎮祭の予定があります。
    台風が何事もなく早く通り過ぎて、台風一過の秋晴れのもと清々しい気持ちで地鎮祭を行えますように。

     

  • こんにちは。安藤建築 総務部の小笠原です。

    現在、刈谷市にて『奥様の親と暮らす二世帯住宅』完成見学会を開催しています。

    今回は母と娘家族との二世帯住宅です。
    親世帯、子世帯それぞれこだわりの内装。
    二世帯住宅だからこその考えられた気づかい設計など見どころいっぱいです。

    9月27日(日)までですので、ぜひこの機会にご体感くださいませ。

    ※コロナウイルス感染症対策として一度にご見学頂く人数を制限させていただいておりますので、事前にご予約をお願いします。

     

  •  

    こんにちは。
    安藤建築の東泊です。
    女性から見た間取りと収納のお話しです。
    前回は、奥様のあったらいいな M’sデスクの話でしたが、6回目の今回は、ご主人だってやっぱり欲しい書斎のお話です。

    新型コロナウィルス感染防止策として、すっかり馴染んできたリモートワーク。
    ネット環境やパソコンは準備できるけど、集中して仕事ができる空間の確保は難しいものです。
    ダイニングテーブルやちょっとしたデスクで、自分の集中力を信じて仕事をしてみても、自分の意思とは別に集中力を中断させてしまう誘惑や邪魔が入ります。
    パソコンでの資料作成程度ならまだしも、リモート会議となると無理が生じます。
    普通の生活空間で仕事をするのですから仕方ない事ですね。

    ウィズコロナの時代になり新しい生活様式へと変化していきます。
    その変化を見据えて、これからお家の建築やリノベーションをされる方は、ぜひ書斎部屋か書斎コーナーを作っておきましょう。

    これまで書斎というと趣味部屋と認識されて、贅沢な部屋という印象でした。
    「書斎が欲しいな~」と遠慮気味に主張していたご主人方も、必要な空間なんだと少しだけ声を大きくして言えますね。

    ではいくつか書斎部屋や書斎コーナーの写真を。
    どこも本当に素敵な空間です。

    いかがですか? 憧れの書斎・・・・

    次回は、子供部屋にないスタディカウンターのお話です。

     

お問い合わせ 資料請求 イベント情報