安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

  • 営業部の片岡です。

    今月23日(祝)、25日(土)、26日(日)の3日間、豊橋市S様邸見学会では、

    本当にたくさんのご来場をいただき、ありがとうございました。

    3日間とも、朝10時~夕方5時まで、見学会会場にお客様がいない時間帯がほぼないくらいで、

    日曜日午後には、混雑により、いったん帰ってまた出直していただいたお客様も見え、申し訳ありませんでした。

    S様邸は、天然木の床や壁、造り付け家具、漆喰仕上げの壁と天井。

    それだけで、癒される空間ですが、さらに、本物の薪ストーブがより、体と心まで温めてくれました。

    ご来場者の皆様には、自然素材の家造りをされている建築屋さんがたくさんある中、

    お施主様の暮らしにフィットさせ、敷地環境を最大限活かした

    安藤建築の設計プランニングに高い評価を頂けました。

    ありがとうございました。(そこが安藤建築の真骨頂です!)

     

    名古屋方面からわざわざ見えたお客様にも、

    「わざわざ見に来たかいがあった!」とおっしゃっていただいて本当に良かったです。

     

    今回、ご協力くださいましたお施主様のS様、本当にありがとうございました。

     

    少し紹介します。

    吹き抜けのダイニング。

    家族のの気配がいつも感じられる温かな空間。

     

     

    サンクンリビングと全開放サッシ。

    一段下がった床でのくつろぎがなんだか落ち着きます。

    温かな季節が楽しみになるオープンスライドの窓でお庭と一体化。

     

    こだわりのオーダーメイドキッチン。

    沢山のお友達と一緒に調理を楽しむアイランドキッチン。

    ホームパーティーしたくなります。

    ミーレの食洗器があれば、たくさんの洗い物がでても安心。

    テレビ台もコーナー壁面にビルトインですっきり。

     

     

     

    冬でも家の中では、Tシャツと短パンでOK!

    体の芯まで温まります。

     

     

    ご来場者のご主人様方に一番人気の書斎コーナー。

    私もこんな書斎欲しいです。

     

     

    あげればきりがないほど、見どころたっぷりでした。

    家事の時短のための動線や収納計画も皆様に高い評価を受けました。

    これが、34坪という一般的なサイズに盛り込まれていることに驚きです。

     

    また、ご来場者の皆様がほぼ全員おっしゃられていたのは、このお敷地の立地条件でした。

    見晴らしのいい高台の立地です。本当にいい敷地環境だと思います。

     

    しかし、いくらいい敷地環境であっても、そこを活かしたプランニングデザインができていなければ、

    それも感じて頂けなかったのではないかと、思います。

     

    次回、緑区でのI様邸見学会もお施主様のご協力により12月2日~10日まで開催します。

    個性豊かな次回見学会も楽しみにして下さい。

     

    ありがとうございました。

  • 今日は『用途地域』についてお話したいと思います。

    ご存知の方も有るかと思いますが、敷地にはそれぞれ用途が決められています。
    皆が好き勝手に建物を建築していってしまったら、都市や町は秩序も無くめちゃくちゃになってしまいますよね。
    大きくは、A 市街化区域 と B 市街化調整区域 に分けられます。
    A 市街化区域(都市部) は優先的に市街化を図る(建築する)

    B 市街化調整区域(農地) は市街化を抑制する(原則住宅不可、禁止では無い)

    B 市街化調整区域で建築をお考えの場合は、注意が必要です。
    既存で家が有り、建替えの場合でもそこに建て替える理由を述べて許可を得なければ
    ならない為、早目の計画が重要です。
    農業委員会に申請して、うんぬんかんぬんと1年以上かかる事もざらです。
    よくあるケースとしては、親の市街化調整区域の土地があって、結婚したし住宅を建てたいなぁといったものでしょうか。
    ケースバイケースでかなり複雑なので、市街化調整区域で計画の方は早目に建築会社に相談してみて下さい。

    次回は市街化区域についてお話したいと思います。
    最後までお付き合いいただきありがとうございました。

  • 皆様こんばんは

    安藤建築設計部の岡田と申します

    新HPがスタートし初の投稿ということで。
    心機一転、微力ながら皆様の家造りに貢献できるような情報(建築用語や法規、プランニング、構造、メンテナンス、各種イベント情報、等々)を発信していき、疑問や不安が少しでも解消出来ればと考えておりますので末永くお付き合いをよろしくお願い致します。

    建築のこと何も知らなーい、という人に簡潔に分かりやすくを心がけていきますね!

    家族が増えたしそろそろ夢のマイホームかなと漠然と意識し出したけど、計画のスタートにあたって何から始めればよいのかな?と言う方。
    まずは、情報を仕入れましょう!
    方法は
    ①ネット検索(今は皆様スマホで検索ですよね)HP、ブログ、インスタ・・
    ②情報誌   SUUMO、チルチンびと・・・
    ③総合展示場
    ④現場見学会
    ⑤友人、知人の紹介
    といったところでしょうか。
    しかし、今は情報が溢れかえっていますよね。
    漠然と見るには情報が多すぎて、何が何だかよく分からなくなっちゃった~なんて事にならないように自分や家族の関心事を書き出して整理してみると良いかもしれません。
    各社さん概ね
    ・構造(地盤、基礎、躯体、耐震、制震・・・)
    ・デザイン(見た目、間取り、動線・・・)
    ・性能や健康(断熱、気密、調湿・・・)
    ・資金、メンテナンス、保証
    ・会社柄、人柄
    等々を丁寧にご紹介してくれていますので、自分や家族にとっての優先順位をある程度皆で決めて情報収集していくとまとまりやすいかなと思います。
    十人十色の価値観が有りますので焦点を絞っていけば、各社の強みと自分の優先事項がマッチする時が来ます。
    良さそうだなと思ったら実物確認、いろいろと質問してみて下さいね。

    今日は一般的な話でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

  • 安藤建築のサイトをリニューアルいたしました。

    今後共よろしくお願いいたします。

     

     

お問い合わせ 資料請求 イベント情報