安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

  • こんにちは。安藤建築 総務部の小笠原です。

    天橋立へ社員旅行で行ってきました。
    社長の先輩がオーナーの「ワインとお宿 千歳」で、天橋立ワイナリーの希少な国産ワインや、フランスやスペインなど様々な国の良質なワインと海の幸を丁寧に料理した美味しいお食事が堪能でき上質なオトナ旅が満喫できる素敵なお宿での宿泊です。
    お料理やお部屋、家具のひとつひとつからオーナーの心遣いが伝わる素敵な空間で、時間があればもっとゆっくりと過ごしていたいと思わせてくれるお宿でした。
    また、たまたま行った当日が年に一度の「文殊堂出船祭」という地元の智恩寺に伝わる伝説「久世戸縁起(くせとえんぎ)」を再現したお祭りの日で、暴れる大きな2匹の龍や、龍を良い龍へと改心させる文殊菩薩の舞、クライマックスには打ち上げ花火をお宿専用のラウンジから特等席での観覧。と思いもよらないスペシャルなイベントまで。
    もちろん、日本三景の天橋立見学や、収穫間近の天橋立ワイナリーでの工場見学、元伊勢 龍神社(このじんじゃ)、伊根湾の遊覧船で舟屋見学、また少し離れて舞鶴の赤レンガ倉庫見学と内容盛りだくさんの社員旅行となりました。

    通常業務をお休みさせて頂いてご迷惑をお掛けしてしまいましたお客様、現場で一生懸命家づくりをしていただいている職人さん、皆様のご協力あって貴重な経験をさせて頂くことができました。
    ありがとうございます。


    天橋立ワイナリー ワイン造りの工程や機械やオーク樽など。
    地元のお母さん手作りのおいしいビュッフェランチも♡


    天橋立ビューランドにはかわいい遊園地があります。
    ワインとお宿 千歳はお食事・ワインだけでなく温泉もいい湯で特別な旅ができます。

     


    伊根の舟屋めぐりで遊覧船に乗ると かもめにエサ(かっぱえびせん)が手渡しできます。ただし、気をつけないとトンビにもエサを奪われます。(痛いです)
    舞鶴の赤れんがパークでは、映画「アルキメデスの大戦」の撮影中で一部閉鎖されていました。奥に菅田将暉くんがいたそうです。

     

    私たちが楽しめるよう全ての旅程をパパッと決めて、様々な手配をサッと完了してくれた社員思いの社長。ありがとうございます(*^_^*)

     

  • おはようございます!

    暑いですが今日も元気にスタートしたいと思います!(朝早く暑苦しくて申し訳ありません・・・)

    先日、O様邸にて「上棟打合」という名目で行わせていただいております「配線位置打合」を行ってまいりました。

    建物の構造躯体(骨組み)が出来上がってすぐに、お客様・インテリアコーディネーター・電気業者・監督と顔を合わせて、

    建物ができる前に図面上で打合せを行ってきた、

    コンセント・スイッチ・照明等の位置確認を実際の建物内で問題ないか確認を行う打合せになります。

    経験豊富なインテリアコーディネーターが事前に提案させていただいておりますが、

    実際に建物内で動きながらその導線や使い勝手を考えていくと、

    いろいろと変更や追加、削除などが出て、お客様がよりイメージを沸かせて打合せいただいていると思います。

    上の写真はキッチンのバックキャビネット位置がどのあたりに来るか確認しつつ、

    コンセントの正確な位置を見ているシーンになります。

    ちなみに、しゃがんでいるのはコーディネーターで立っているのは私です。

    こうして、一つ一つの位置関係を確認した後に配線工事に入ります。

    お客様としては、建物が建って初めてその中に入ることになり、

    打合せはもちろんのこと、単純に中に入るのを楽しみにお見えになります。

    こうして、必ず毎現場打合せを行い、次の工程に移っていきます。

    では、本日はここまでにさせていただきます。

    最後までお付き合いいただきありがとうございました。

  • おはようございます。

    今日は『 地盤調査 』のご紹介です。

     

    住宅を建てる前に地盤の強度や地質・水位等を調べる地盤調査。

    昨今、地震の被害が各地で報告をされていますが、住宅の耐震性能は元よりしっかりした地盤の上に建つ事が大前提になってきます。

    その上で重要なのが、地盤調査なのです。

     

    一般的には、住宅規模ですとスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)が多く実施されています。

    簡単に言いますと、先端の尖った鉄の棒に25kgずつ重りを乗せて合計100kgとし、棒を25cm沈める為に何回転させたかで地盤の強さ、固さを推測する方法。

     

    現在ではこのように機械化されています。

     

    長所

    ・費用が安価

    ・方法が簡易で容易に測定可能

     

    短所

    ・ガラ等固い物が有ると貫入不可

    ・土質が採取出来ない為、概略的判断

     

    メーカーによっては無料でやらせていただきます、というところも有るとか無いとか。

    でもそれって契約に至った無関係のオーナー様が負担しているに等しいですよね・・・

     

    それはさておき、ここでのポイントは土質の概略、推測の判断要素が大きいという事です。

    そこで、弊社では標準貫入試験(ボーリング)をSWS試験と合わせて行いデータの確実性を高めております。

     

    標準貫入試験とは、簡単に言いますとボーリング孔を掘って、土質採取装置を先端にハンマーの落下打撃で30cm打ち込むのに要する回数で地盤の強さ固さを調べる方法です。

     

    こんな、やぐらを街で見かけた事はありませんか?

     

    長所

    ・土質を採取装置(サンプラー)で各層から採ってくる為、正確に把握できる

    地下水位を正確に把握できる

    ・硬質地盤も調査可能

     

    短所

    ・調査時間が長い

    ・費用がSWSより高価

     

    当然短所も有りますが、一日で終わりますし、何十万もかかりませんので地震災害等を考えれば是非ともやっておいていただきたい!というのが我々の想いです。

    それでは最後に、サンプラーから土質を採取するところです。

     

    今日は紹介までですが、少しは参考になりましたでしょうか。

     

    本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • 昨日、お客様がお打ち合わせにお越し頂いた際いただいたお土産。

    ドリアンチョコ!

    あまりのくささに、ジップロックに入れて持ってきていただきました。(笑)

    せっかくなんでさっそく頂きました。

    匂いほど味は悪くなかった。

    ありがとうございました。(笑)

    いつもお気遣い下さり感謝いたします。

  • 営業設計部の尾川です(*’▽’)

    先日は業者さんとの親睦会が有りました!

    金山にある中華料理店にての飲み会で多くの方が参加してくださいました♪

    四川料理のお店で、店員さんも外国の方ばかりでしたが…

    味は日本人向けの味で!辛いの苦手な私でも普通に食べれました(n*´ω`*n)

    普段ゆっくりお話しできる機会は少ないので

    お酒を飲みながら色々お話しすることができて楽しかったです(*’▽’)

お問い合わせ 資料請求 イベント情報