安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

  • おはようございます。

    今日は『 地盤調査 』のご紹介です。

     

    住宅を建てる前に地盤の強度や地質・水位等を調べる地盤調査。

    昨今、地震の被害が各地で報告をされていますが、住宅の耐震性能は元よりしっかりした地盤の上に建つ事が大前提になってきます。

    その上で重要なのが、地盤調査なのです。

     

    一般的には、住宅規模ですとスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)が多く実施されています。

    簡単に言いますと、先端の尖った鉄の棒に25kgずつ重りを乗せて合計100kgとし、棒を25cm沈める為に何回転させたかで地盤の強さ、固さを推測する方法。

     

    現在ではこのように機械化されています。

     

    長所

    ・費用が安価

    ・方法が簡易で容易に測定可能

     

    短所

    ・ガラ等固い物が有ると貫入不可

    ・土質が採取出来ない為、概略的判断

     

    メーカーによっては無料でやらせていただきます、というところも有るとか無いとか。

    でもそれって契約に至った無関係のオーナー様が負担しているに等しいですよね・・・

     

    それはさておき、ここでのポイントは土質の概略、推測の判断要素が大きいという事です。

    そこで、弊社では標準貫入試験(ボーリング)をSWS試験と合わせて行いデータの確実性を高めております。

     

    標準貫入試験とは、簡単に言いますとボーリング孔を掘って、土質採取装置を先端にハンマーの落下打撃で30cm打ち込むのに要する回数で地盤の強さ固さを調べる方法です。

     

    こんな、やぐらを街で見かけた事はありませんか?

     

    長所

    ・土質を採取装置(サンプラー)で各層から採ってくる為、正確に把握できる

    地下水位を正確に把握できる

    ・硬質地盤も調査可能

     

    短所

    ・調査時間が長い

    ・費用がSWSより高価

     

    当然短所も有りますが、一日で終わりますし、何十万もかかりませんので地震災害等を考えれば是非ともやっておいていただきたい!というのが我々の想いです。

    それでは最後に、サンプラーから土質を採取するところです。

     

    今日は紹介までですが、少しは参考になりましたでしょうか。

     

    本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • 昨日、お客様がお打ち合わせにお越し頂いた際いただいたお土産。

    ドリアンチョコ!

    あまりのくささに、ジップロックに入れて持ってきていただきました。(笑)

    せっかくなんでさっそく頂きました。

    匂いほど味は悪くなかった。

    ありがとうございました。(笑)

    いつもお気遣い下さり感謝いたします。

  • 営業設計部の尾川です(*’▽’)

    先日は業者さんとの親睦会が有りました!

    金山にある中華料理店にての飲み会で多くの方が参加してくださいました♪

    四川料理のお店で、店員さんも外国の方ばかりでしたが…

    味は日本人向けの味で!辛いの苦手な私でも普通に食べれました(n*´ω`*n)

    普段ゆっくりお話しできる機会は少ないので

    お酒を飲みながら色々お話しすることができて楽しかったです(*’▽’)

  • おはようございます。

    気持ちのいい朝・・・、と言いたいところですが、

    日中は猛暑、夜は熱帯夜が襲ってきて体が休まる時がないような気がする今日この頃です・・・。

    現場でも、30分おきくらいのこまめな休憩と水分、塩分補給を促して、現場の確認をする以上に体調を確認しているところであります。

    いいものを作るのは当然のこと、安全に作業することも同じように当然のことでありますので、

    安全第一の声を掛け合って、お客様の満足度を超える喜びを得ていただけるように一邸一邸作り上げていきます!

  • おはようございます。

    今日は『 和の趣 』のご紹介です。

     

    先日、現在新築工事進行中のO様より徳川美術館にお誘いをいただき、現場監督と共にお勉強させていただいてきました。

     

     

     

    武具・刀剣に疎い私は、御施主のO様に説明をいただきながらその美しさと歴史の深さに感嘆するばかり。

    そして、特にO様が我々に見せたかったものが『 猿面茶室 』の復元展示。

     

    ~美術館HPによる解説~

    待庵・如庵と並んで茶室として最も古く注目すべき遺構で、国宝にも指定されていたが、昭和20年、戦災焼失した。

    かやぶき屋根の素朴な外観を形成し、内部は四畳半台だい目め、下げ座ざ床どこで、茶道さどう口ぐちと給仕きゅうじ口を具え、中柱の隣の二枚障子の口の外には広縁を付していた。

    床柱の節の様態が猿面に似ているというのでこの席名が付いた。

     

    和の造詣が深いO様、活き活きとその想いを語っていただきました。

     

    そして、その想いを形にすべく身の引き締まる我々・・・(^^ゞ ブルブル?

     

     

    和室と一言に言っても、

     

    現代風に取り入れた和室

     

    長押等の無いシンプルな和室

     

    竿縁天井、長押等を取り入れた本格和室

     

    多種多様です。

     

    様々な和室を造らせていただいてきましたが、どれも魅力的で皆様の暮らしにフィットする事が最適解だと考えております。

     

    今回は、長押・竿縁天井・仏間・床の間の和室、 葭媒竹天井・違棚・床の間をしつらえた書院と見どころたくさんの内容となっており私も完成が楽しみです。

     

    完成の折には、是非ご紹介させていただければと思っております。

     

     

     

    本日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

     

お問い合わせ 資料請求 イベント情報