安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

  • おはようございます。

    今日は『 照 明 』のご紹介です。

     

    よく考えてみると一日で一番多く家で過ごしているのは夜かなぁ??という方は意外と多いはず。

    夜の時間を、楽しくさせたりホッと落ち着いて一日の疲れをとったり、ワクワクさせる。

    そんな機能を秘めているのが照明です。

     

    まずは、家へのアプローチを趣あるものにする・・・

    路地アプローチと足元灯。

    一日頑張った貴方を優しく玄関へ誘います

    そして・・・

     

    何という事でしょう!

    玄関を開けると、町家を思わせる路地続きの土間と間接照明!!

    こんな風情のある暮らしも憧れますよね♪

     

    次は・・・

     

    こんな和室も素敵ですよね・・

     

    背景の白壁とアッパーライトが坪庭をより引き立たせますね!

     

    いつもと少し違う 贅沢な時間

    照明を使う事で可能に出来ます。

    皆様も是非参考にしてトライしてみて下さいませ。

     

    それでは、本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • こんにちは!営業部の片岡です!

    今日から7月!今月も元気に頑張りましょう!

    今月は、8日(日)に家造り勉強会が開催されます!

    ・家造り、何から始めたらいいの?→必要な事、全てお教えします!

    ・現在他社で検討中だけど聞いてもいいの?→他社検討中の方もOK!役立つノウハウお教えします!

    ・子供を連れて参加したいけど・・・⇒お子様連れOK!。託児スペースあります!

     

    他では、聞けない、失敗しない家造りのヒミツを学びませんか?

    地震対策の落とし穴!知って損はないです。

    自然素材を使えば健康住宅になりますか?

    家族が幸せになる間取りの作り方を学びませんか?

    お気軽に聞きにおいで下さい!ここでしか聞けないお話しあります!

    過去、参加者アンケートで満足度95%!です。

    宜しくお願いいたします。

     

  • こんにちは。安藤建築 総務部の小笠原です。

    災害が起きると身の安全を確保した後は食糧の確保が最優先となります。
    普段から防災、備蓄を心がけて行かなければなりませんが実際はなかなか・・・ と言う方も多いのではないでしょうか。
    わが家では一応災害時に困らないように!と備蓄を心がけていましたが、先日の関西の地震をきっかけに今一度防災用品、非常食のチェックを行いました。
    すると非常食の賞味期限が!! 8人家族3日分の大量の非常食が今後次々と賞味期限切れになる事が判明し少々途方に暮れてしまいました。

    そこで今後は内閣府もおすすめしている「ローリングストック法」という備え方を取り入れていく事が良いのではないかと考えています。
    「ローリングストック法」を簡単に説明しますと、非常時にも食べられる食品をまとめて購入し、定期的に(1・2カ月など短期的に)通常の食事に取り入れ、減った分を買い足す。使う時は先に購入したものから使う。という事を繰り返していきます。
    賞味期限切れの心配もなく、またもしもの時には「慣れた味」で食事がとれるので非常時の食事に関するストレスの軽減にも役立つと言われています。

    大きな被害が及ぶ可能性のある南海トラフ巨大地震では「1週間以上」の備蓄が望ましいとの指摘もあり備蓄の取り組みにくさを助長してしまいますが、最初の2・3日は冷蔵庫の中の物、その後ローリングストックされている食品で乗り切る、と考えれば非常食の備蓄のハードルが少し下がって取り組みやすくなるのではないでしょうか。

     

  • おはようございます。

    先日、実に美しい基礎が出来上がりましたのでご紹介させていただきます。

    当然この基礎上に建物を作り上げていくわけですが、

    そのままオブジェとして置いておいても見ごたえのある仕上がりの良さです。

    天端の高さ、仕上がり寸法を最終検査で確認しますが、

    ただただ見た目がきれいに出来上がっているだけではなく、制度も抜群です!

    ちなみに、基礎上に白丸が書いてあるのは、天端のレベルを確認した際のしるしです。

    バッチリでした!

    この基礎の精度があるからこそ、上の建物がしっかり水平垂直にたてられていくわけです。

    いつも仕事にプライドを持って、最高の仕上げをしてくれる職人さんに感謝の気持ちでいっぱいです!

    最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

     

     

  • おはようございます。

    今日は『 階段 』のご紹介です。

     

    階段と一口に言っても、木製から鉄製、色味、スケルトン、等々その家の個性が出る場所でもありますよね。

    それでは、いくつか我々の事例を・・・

     

     

    洋風な雰囲気をまとったスピンドル階段。

    ナチュラルな無垢の経年変化で年々深みを増していきます。

     

    フローリングベースに着色をして、落ち着いた重厚感のある雰囲気に。

     

    階段の踏板と蹴込(けこみ)板を着色とクリアで塗り分けをしたパターン。

    軽さを出しつつも天然木の風合いを残しました。

     

    階段の蹴込(けこみ)部分を壁と同じ塗装仕上げにした軽快な印象に。

    さらに、木部分をホワイトでステイン塗装。

    木目を活かしつつ、壁との連続性もあり空間全体が白を基調とした落ち着いた雰囲気に。

     

    こちらも白ベースのスタイリッシュでシンプルな階段。

     

    手すりをアイアンで細く、家具やアクセサリーとのバランスも考慮して。

     

     

    以上のように木製階段の無垢の良さを活かしながら、安全をベースに皆様のお好みのスタイルに合わせていく事を得意としていますのでご参考になさって下さい。

     

    また、別の機会には階段方式についてもご紹介させていただければと思います。

     

    本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報