安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

こんにちは。

安藤建築工事部の幾嶋です。

本日は、弊社の地鎮祭前の様子をご覧いただき、地鎮祭時のエピソードをご紹介いたします。

まず、地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)とは「工事を始める前に行う、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る祭」になります。当然同時に、建築された後の建物に住まうお施主様の幸せを祈念します。

弊社では写真のように、テントを張りその中で地鎮祭を行います。

また、地鎮祭後に工事着工前の最終確認として、

図面上で記された建物配置とGL(グランドライン=基準高さ)を実際の土地の中でご確認いただきます。

少しわかりにくいですが、写真上にあるピンクのビニールひもで建物の外観ラインを記してご確認いただいております。

この外観ラインを最初に見たお客様の多くは、「小さすぎるんじゃないか?間違ってるんじゃないか?」という

ようなことを言われます。要は平面のビニールひもだけだと、イメージより小さく見えているということになります。

しかし、事前に前述の話をお施主様にしておくと、基礎が出来て(まだこの段階では、イメージより小さく感じられる方が多いです)、

建物の骨組みが出来上がって、現地での上棟打合(配線打合)の際に実際の建物を目の前にしてみると、

大体「ほんとだ!ひもと基礎の時とは全くイメージが違う(思ってたより大きい)」と口々に言われます。

そんな、一生に何度も味わえない感覚を少しでも味わっていただきたく、

また、お客様に「家づくりに携わった」という感覚を少しでも持っていただければと思い、対応させていただいております。

さて、今回はこのくらいにさせていただきます。

長々と長文を読んでいただきありがとうございました。

コメント一覧

現在コメントはありません。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報