安藤建築株式会社

私たちが選ばれる理由 1

家族の健康

アトピーや気管支喘息は、
「住宅」で解決できる!?

嘘?本当?アトピーや気管支喘息は、「住宅」で解決?

アトピーや気管支喘息は、花粉症や食物アレルギーと同じアレルギーのひとつです。
アレルギーとは、本来、ウイルスや化学物質などの異物から、体を守るはずの抗体が異常な免疫反応を起こすことをいいます。
住宅建築に使用される建材や塗料からは、その原因となるさまざまな化学物質(アレルゲン)が揮発し、室内空気を汚染しています。
それにより健康障害を起こすことを、シックハウスともいいます。
つまり、アレルゲンが住宅から発生するものである場合、アレルギーもシックハウスのひとつになるわけです。
安藤建築では、そんなお悩みを少しでも解消できるよう「住宅」を通じてサポートいたします。

①アレルギーの原因は化学物質だった?自然素材へのこだわり

化学物質だらけな住宅

家を建てる際に使用する建材・内装材には、多くの化学物質が使用されています。
合板などに含まれる接着剤やプラスティック・ビニール系の材料をやわらかくする可塑剤、防カビ剤や防虫剤、難燃剤、またその施工にも多くの接着剤が使用されます。

近年、ミツバチの大量死で世界的にニュースになったシロアリ対策に使用される農薬系防虫剤(防蟻薬)など、室内空気を汚染する揮発性の化学物質はたくさんあります。
それらの化学物質により、のどの痛み・目の痛みやかゆみ、鼻づまり、くしゃみ、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、湿疹など様々な症状が現れることがあります。

最近では、躁うつ病などの精神神経系への影響も問題視されています。
今まで何ともなかったのに、新築に引っ越したらいろんな症状が出始めたという話もよくある話で、在宅時間の長い女性や子供たちへの影響が最も心配されています。

化学物質を使わない。自然素材だらけな住宅

安藤建築では、本来快適なはずの我が家を、安心して快適に過ごしていただけるように、とことん自然素材の効用にこだわった家づくりをしています。

フローリングや内部造作材などはもちろんのこと、例えば、収納には自然の防虫性能をもつ桐(きり)板をはり込み、調湿機能を持たせるなど、用途に応じて様々な種類の天然の無垢材を使用しています。
また、その施工においても接着剤の使用を最小限に抑え、清浄な室内空気にこだわっています。
さらに、生きている無垢の木材は、空気中の湿気が多いときには湿気を取り込み、乾燥してくると吐き出すという調湿作用があり、断熱性や蓄熱性とあわせて室内の温湿度環境を一定に保とうとする性質を持っています。
自然の木、本来の効用を最大限に活かした、快適な空間をつくります。

また、建物を支える構造材には、防腐性の高いヒノキの無垢材を使用し、全構造材ごと天然由来の安全なホウ酸により処理することで、より長期的に腐りにくく、シロアリ被害を受けないようにしています。
一般的な農薬系シロアリ薬剤は揮発性が高いため、空気を汚染しやすく効果も短いので5年ごとの再施工が必要になりますが、ホウ酸処理は、濡れたりしない限り、半永久的に効果が持続し再施工が不要です。(揮発しない)
自然素材の効力を十分に活用し、安全かつ強固な構造体を長期間、維持する工夫がなされています。

②第3者機関の調査で実証。「本物」のシックハウス対策の家とは?

実はあなたもシックハウス症候群かもしれない?

住宅内の室内空気汚染に由来する様々な健康障害を総称して、シックハウス症候群と呼びます。
発症のメカニズムなど、まだまだ未解明な部分も多くありますが、建材から揮発する化学物質も原因の1つに挙げられます。

シックハウス症候群の症状は個人差が大きく、非常に多岐にわたります。また、本人にしか自覚できない症状が多く、自律神経失調症や更年期障害、風邪、精神疾患などと間違われてしまうこともよくあります。
はっきりとした症状を示さなかったり、次々と症状が移行していったりする場合もあり、なんとなく調子が悪いなと思っていても、それがシックハウス症候群だと本人も気付かないことがよくあります。
あなたのお悩みも、シックハウス症候群かもしれません。

「本物」のシックハウス対策の家を、我が家に。

安藤建築のシックハウス対策は、健康被害を引き起こす化学物質を避け、自然素材を厳選し、標準仕様にしているだけではありません。
自然素材が持つ浄化作用を活用し、適切な風通し・換気を計画、結露・カビの発生しにくい家をつくります。
室内に清浄な空気をもたらし、気持ちのいい空間となります。

さらに、安藤建築では完成物件の全てで、シックハウス診断士による室内空気品質測定を実施。
2003年、建築基準法にシックハウスに関する法令が加えられて以来多くの住宅会社でいろんなシックハウス対策が打ち出されています。
しかし、実際に建てた住宅内の空気品質を測定し、清浄な空気品質であることを証明している会社は、ほとんどありません。

安藤建築での調査物質は、厚生労働省が定めた化学物質のうちの主要6物質。
ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレン・パラジクロロベンゼン。
それらが、厚生労働省の定めた安全指針値の約1/10以下であることを証明してお引渡ししています。

鑑定書