安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

皆様、残暑お見舞い申し上げます。

防蟻薬剤について少しお話させていただきます。

世間一般に新築時に施工をされているのが、農薬系の薬剤で施工後大体5年でその効果が無くなってしまいます。

その後、継続的に白アリ対策を行う方も見えますが、なかなか目に見えるところではないのでその対応が遅れてしまうことが多くあります。

気づいた時には、土台、柱などがボロボロで、修繕工事の費用がかなり掛かってしまう場合がございます。

今、安藤建築ではホウ酸を使用した防蟻工事を行っています。

ホウ酸は目薬にも使われているくらい人間の体に優しいのですが、ただシロアリなどの害虫には効果があります。

またホウ酸は、一度施工すると防蟻の効果が半永久的に持続します。(ただし、床下浸水など水につかってしまうと流れてしまうのでその時は再施工が必要です。)

ハワイでも州が法律で義務付けているくらい海外では一般的に使用されています。

そしてホウ酸処理をすることで建物の構造躯体をシロアリや高温多湿による腐敗から守ることができ、家族が安心して長く住むことができるようになります。

これから新築で建てようとしている方、メンテナンスで防蟻処理を検討されている方は一度ホウ酸処理をご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

コメント一覧

現在コメントはありません。

コメントする

  • コメント

同じ数字を入力してください。(ドットはその数) *

お問い合わせ 資料請求 イベント情報