安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

おはようございます。

今日は梅雨時の心配事『 雨仕舞 』のご紹介です。

 

家造りにおいて、住宅瑕疵にも関わる重要な要素となる雨仕舞い

今回は弊社の取り組み事例となります

 

 

まずは、建方工事が完了したら天気予報とにらめっこしながらすっぽりシート養生

 

 

 

一時しのぎ用に大切なお家をシートで雨養生

 

そして屋根の防水ルーフィングシート、重ね代をきちんと守って

ルーフィングまで貼ってしまうと屋根面からの雨水侵入は一まず安心です

 

 

続きましてはサッシ廻り

 

サッシ下端は漏水原因になりやすい箇所なのでウェザータイト(緑色の樹脂エプロンみたいなもの)を貼ってからサッシ取付、周囲に防水テープでを貼ります

しっかりウェザータイトの重ね部分にも防水テープを!

 

 

 

サッシ周囲の防水テープ貼りの順番も縦を先に貼って、後から横を重ねる事でより防水性を高めます!

 

その他にもいろいろチェックポイントがあり、

それらを社内検査住宅瑕疵保険検査建設性能評価検査

複数の眼でチェックをしてお客様にお引渡しをさせていただいております

 

特に建設性能評価検査公的な評価になり、

お客様の資産価値を公的に保証するものになりますので

工務店の自称だけではなく、公にも認められた品質という事が重要なポイントですね!

普通の住宅では下手をすると最低限の住宅瑕疵保険の検査(義務)だけなんてところもあると思いますので、住宅を検討される際にはその辺りの品質チェック体制をよく確認される事をお奨め致します

 

一生に一度の大切なお家ですからね!

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメント一覧

現在コメントはありません。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報