安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

スタッフブログ

設計

  • おはようございます。

    今日は『 基礎 鉄筋の役割 』のご紹介です。

    今回は少々文字多めの堅い内容かもしれませんが、お付き合い下さいませ。

     

    最近の主流であるベタ基礎を参考に、基礎の鉄筋の役割を考えましょう。

    ベタ基礎とはスラブ(耐圧版)と立上り(基礎梁)からなる基礎で、線ではなく面で地面に接する為、㎡当りの接地圧が小さく安全と考えられています。

     

    そして建物の重量は瓦や構造材、内装材、設備、人や家具等々といった荷重が上から下に順々にかかってきますので、基礎に伝わるのは上部 ⇒ 1階柱 ⇒ 土台 ⇒ 基礎という順になりますが、柱には大きな力が加わる為、基礎は下図のように弓なりのような変形をする力の働きになります。

     

    ここで地反力とは荷重に対して地盤が押し返す力の事です。

    次に、スラブ、基礎梁を詳細に見ていきますと

     

    上図のように弓なりになり、上側は両側に引張られる力が働き下側は両側から圧縮される力が働きます

    ここで鉄筋コンクリートの特性を解説しますと、コンクリートは圧縮に対して強く鉄筋は引張りに対して強いという性質があり、それぞれの特性を生かした構造となっております。

    ここでピンときた方は、さすがです!

    鉄筋は引張り側になければその特性が活かされないという事です

     

    一般に鉄筋についてよく知られている事は、『 かぶり厚さ 』

    鉄筋が酸化して錆びる事を防ぐ為に、鉄筋周りのコンクリートの厚みを確保する事

    部位によっても数値は変わります。

     

    かぶり厚さをとる事は大前提で、鉄筋の役割を知る事が重要なんですよね。

     

    上記ベタ基礎スラブの曲げモーメント構造設計計算式においても鉄筋の位置(j)がダイレクトに強度に影響する事が分かりますよね。jに比例して曲げモーメントも大きくなるのです

    つまり砕石から鉄筋までの距離が設計寸法の半分であれば曲げに対する強度は半減してしまうという事になります。

     

    そして、たまに見かける事例

     

    砕石と鉄筋のかぶり寸法を確保する為のコンクリートスペーサーが鉄筋から外れてしまい鉄筋が下がってしまっているケース。

    かぶり不足は当然ですが、鉄筋が下にあっては引張り力は活かされません

    j寸法が半減⇒曲げモーメント力が半減という事です。

    コンクリート打設前の配筋検査が重要ですね。

     

    基礎の土に接する部分はこのように60㎜以上を確保。

     

     

    それでは今日はここまで

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • おはようございます。

    今日は予告通り『 手洗器 』のご紹介です。

     

    それでは前置きは省いてサクッといきましょう!

     

    贅沢な無垢カウンターにシンプルで味のある水栓とボウル

    落ち着いた大人の和を感じる雰囲気。

     

    お次は・・

     

    ガラッと雰囲気変わりまして、モダンでスタイリッシュな印象に。

    空中に浮かした便器やガラス円盤状の手洗いがオシャレですよね。

     

    お次は・・

     

    こちらは、木部を濃くアンティーク調に着色してみました!

    立上りのタイルとの相性もバッチリ♪焼き物のボウルと全体を茶系でまとめた落ち着いた空間になりました。

     

    色々なタイプが有りますが、皆様の琴線に触れたものは有りましたでしょうか?

    多少なりとも参考になれば幸いです。

     

    それでは本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • おはようございます。

    今日は『 手洗器 』のご紹介です。

     

    お呼ばれをしてトイレを借りた時や手を洗う時にさり気なくオシャレな手洗器があったら・・・

    センスいいな と一目置かれる事間違いなし☝ というご紹介です。

    それでは・・

     

     

    木の暖かみとアンティーク調の水栓がコンパクトにかわいく納まっています♪

    お次は・・

     

    小物をプラスすると雰囲気も随分変わります、木と緑に囲まれてリラックスできそうですよね♫

    扉のつまみと水栓・ボウルも上手く調和しています。

    お次は・・

     

    格子が和を思わせる印象的な建具、手洗ボウルとの相性も良さそうですね。

    取手はお花のように可愛らしさをプラスして、自分好みにするのもいいですよね♪

     

     

    それでは本日はここまで、次回も引き続き手洗いのご紹介をしたいと思います。

    最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

  • おはようございます。

    今日は『 暮らしやすさ 動線その2 』のご紹介です。

     

    先回の暮らしやすさ動線を詰め込んだ事例がこちら~

     

    まずは2WAY玄関!

    お客様が来ても家族用玄関クローゼットのドアを閉めるだけでスッキリ

     

    お次はキッチン

    行き止まりの無い回遊動線

    視界も良く、家族の気配を常に感じる事が出来ます

     

    そしてランドリールーム

    浴室とバルコニーとファミリークローゼットの中間に位置し、奥様の家事動線を最短で効率の良いものにしてくれます♪

     

    最後にリビング階段

    お子様が帰ってきたら必ず顔を見てコミュニケーションをとりお部屋へ

    吹抜けを設ける事で開放感と明るさをプラス♫

    これも断熱性能があってこその成せるプランです

     

    まだまだ、ご紹介したい事例はたくさんありますが本日はここらで。

     

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • おはようございます。

    今日は『 暮らしやすさ 動線 』のご紹介です。

     

    暮らしやすさには様々な要素があります。

    健康に関わる自然素材や空気感、建具、照度、設備機器といったモノに関わる事等々・・・

    その中から、今日は『 動線 』にスポットを当ててみたいと思います。

     

    さて、暮らしやすい動線とは・・・私が思うに

     

    まず第一に、

    『 移動距離が短い事 』

    言い換えればシンプルでなるべく直線的な動線。

     

    次に、

    『 目的とする先がよく見える事 』

    行きたい先が視界に入っているか、入っていないか。

    意外とこれは無意識にストレスになっている事が多いものです。

     

    そして何より大切な事は、

    『 住まう人の暮らしをベースにするという事 』

    いつも同じ事が良い訳ではありません。

    住まう人のライフスタイル、家族構成、全ての事を加味して住まう人にとっての

    ベストを目指す『 オンリーワンの暮らしやすさ 

     

    さらにワンランク上は、10年後、20年後、将来を見据えても暮らし易いという事。

     

    私達は、そんな事を考えながら家造りをしております。

     

    そろそろ文字ばかりで飽きてしまいますので・・・

     

    お客様の暮らしを想像し、グリグリと動線に想いを巡らし・・・

     

     

     

    プレゼンテーションにまとめます♪

     

     

    各種実例画像は次回にという事で、本日はここまで。

     

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • おはようございます。

    今日は『 地盤調査 』のご紹介です。

     

    住宅を建てる前に地盤の強度や地質・水位等を調べる地盤調査。

    昨今、地震の被害が各地で報告をされていますが、住宅の耐震性能は元よりしっかりした地盤の上に建つ事が大前提になってきます。

    その上で重要なのが、地盤調査なのです。

     

    一般的には、住宅規模ですとスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)が多く実施されています。

    簡単に言いますと、先端の尖った鉄の棒に25kgずつ重りを乗せて合計100kgとし、棒を25cm沈める為に何回転させたかで地盤の強さ、固さを推測する方法。

     

    現在ではこのように機械化されています。

     

    長所

    ・費用が安価

    ・方法が簡易で容易に測定可能

     

    短所

    ・ガラ等固い物が有ると貫入不可

    ・土質が採取出来ない為、概略的判断

     

    メーカーによっては無料でやらせていただきます、というところも有るとか無いとか。

    でもそれって契約に至った無関係のオーナー様が負担しているに等しいですよね・・・

     

    それはさておき、ここでのポイントは土質の概略、推測の判断要素が大きいという事です。

    そこで、弊社では標準貫入試験(ボーリング)をSWS試験と合わせて行いデータの確実性を高めております。

     

    標準貫入試験とは、簡単に言いますとボーリング孔を掘って、土質採取装置を先端にハンマーの落下打撃で30cm打ち込むのに要する回数で地盤の強さ固さを調べる方法です。

     

    こんな、やぐらを街で見かけた事はありませんか?

     

    長所

    ・土質を採取装置(サンプラー)で各層から採ってくる為、正確に把握できる

    地下水位を正確に把握できる

    ・硬質地盤も調査可能

     

    短所

    ・調査時間が長い

    ・費用がSWSより高価

     

    当然短所も有りますが、一日で終わりますし、何十万もかかりませんので地震災害等を考えれば是非ともやっておいていただきたい!というのが我々の想いです。

    それでは最後に、サンプラーから土質を採取するところです。

     

    今日は紹介までですが、少しは参考になりましたでしょうか。

     

    本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • おはようございます。

    今日は『 和の趣 』のご紹介です。

     

    先日、現在新築工事進行中のO様より徳川美術館にお誘いをいただき、現場監督と共にお勉強させていただいてきました。

     

     

     

    武具・刀剣に疎い私は、御施主のO様に説明をいただきながらその美しさと歴史の深さに感嘆するばかり。

    そして、特にO様が我々に見せたかったものが『 猿面茶室 』の復元展示。

     

    ~美術館HPによる解説~

    待庵・如庵と並んで茶室として最も古く注目すべき遺構で、国宝にも指定されていたが、昭和20年、戦災焼失した。

    かやぶき屋根の素朴な外観を形成し、内部は四畳半台だい目め、下げ座ざ床どこで、茶道さどう口ぐちと給仕きゅうじ口を具え、中柱の隣の二枚障子の口の外には広縁を付していた。

    床柱の節の様態が猿面に似ているというのでこの席名が付いた。

     

    和の造詣が深いO様、活き活きとその想いを語っていただきました。

     

    そして、その想いを形にすべく身の引き締まる我々・・・(^^ゞ ブルブル?

     

     

    和室と一言に言っても、

     

    現代風に取り入れた和室

     

    長押等の無いシンプルな和室

     

    竿縁天井、長押等を取り入れた本格和室

     

    多種多様です。

     

    様々な和室を造らせていただいてきましたが、どれも魅力的で皆様の暮らしにフィットする事が最適解だと考えております。

     

    今回は、長押・竿縁天井・仏間・床の間の和室、 葭媒竹天井・違棚・床の間をしつらえた書院と見どころたくさんの内容となっており私も完成が楽しみです。

     

    完成の折には、是非ご紹介させていただければと思っております。

     

     

     

    本日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

     

  • おはようございます。

    今日は『 薪ストーブ 』のご紹介です。

     

    こんな季節はずれに・・・と言いたいところでしょうが、家造り計画に季節は関係ありませんからねっ!

    薪ストーブの魅力にせまりたいと思います。

     

    実は先日、弊社の薪ストーブ工事を施工してもらっている業者さんと設計関係者で勉強会を行いました。

     

     

    意外と真面目そうにやっとるやないか(笑)というツッコミは受け付けておりません、あしからず。

    ええ、真剣にお勉強しとります!

     

    法規的な事を中心に・・・

     

     

     

    チームで共通認識を持つ事が重要!

    これでバッチリです。

     

    それではここからは『 薪ストーブの魅力 』について考えたいと思います。

     

    他の暖房器具とは違い熱源は『 輻射熱 』遠赤外線の熱線によって伝わる熱。

    輻射熱が届く範囲であれば、室温が低くても暖かく感じる事ができ、太陽のように心地良い暖かさなのです。

     

    ゆっくりゆったりと揺れる『  』は見ているだけで心が落ち着き癒されます。

    その時間は一度体験すると、贅沢な唯一無二なものとなる事でしょう。

     

    そして、何よりも『 家族の集う時間が増える 』という事♪ ☜ここ重要

    薪をくべたり、料理を楽しんだり、薪ストーブを中心に家族の団らんを楽しむ。

    多くのオーナー様よりそのような嬉しいお言葉を寄せていただいております。

    興味のある方はお気軽にご相談下さい。

     

     

     

     

    本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • おはようございます。

    今日は『 照 明 』のご紹介です。

     

    よく考えてみると一日で一番多く家で過ごしているのは夜かなぁ??という方は意外と多いはず。

    夜の時間を、楽しくさせたりホッと落ち着いて一日の疲れをとったり、ワクワクさせる。

    そんな機能を秘めているのが照明です。

     

    まずは、家へのアプローチを趣あるものにする・・・

    路地アプローチと足元灯。

    一日頑張った貴方を優しく玄関へ誘います

    そして・・・

     

    何という事でしょう!

    玄関を開けると、町家を思わせる路地続きの土間と間接照明!!

    こんな風情のある暮らしも憧れますよね♪

     

    次は・・・

     

    こんな和室も素敵ですよね・・

     

    背景の白壁とアッパーライトが坪庭をより引き立たせますね!

     

    いつもと少し違う 贅沢な時間

    照明を使う事で可能に出来ます。

    皆様も是非参考にしてトライしてみて下さいませ。

     

    それでは、本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報