安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

  • おはようございます。

    今日は『 基礎 鉄筋の役割 』のご紹介です。

    今回は少々文字多めの堅い内容かもしれませんが、お付き合い下さいませ。

     

    最近の主流であるベタ基礎を参考に、基礎の鉄筋の役割を考えましょう。

    ベタ基礎とはスラブ(耐圧版)と立上り(基礎梁)からなる基礎で、線ではなく面で地面に接する為、㎡当りの接地圧が小さく安全と考えられています。

     

    そして建物の重量は瓦や構造材、内装材、設備、人や家具等々といった荷重が上から下に順々にかかってきますので、基礎に伝わるのは上部 ⇒ 1階柱 ⇒ 土台 ⇒ 基礎という順になりますが、柱には大きな力が加わる為、基礎は下図のように弓なりのような変形をする力の働きになります。

     

    ここで地反力とは荷重に対して地盤が押し返す力の事です。

    次に、スラブ、基礎梁を詳細に見ていきますと

     

    上図のように弓なりになり、上側は両側に引張られる力が働き下側は両側から圧縮される力が働きます

    ここで鉄筋コンクリートの特性を解説しますと、コンクリートは圧縮に対して強く鉄筋は引張りに対して強いという性質があり、それぞれの特性を生かした構造となっております。

    ここでピンときた方は、さすがです!

    鉄筋は引張り側になければその特性が活かされないという事です

     

    一般に鉄筋についてよく知られている事は、『 かぶり厚さ 』

    鉄筋が酸化して錆びる事を防ぐ為に、鉄筋周りのコンクリートの厚みを確保する事

    部位によっても数値は変わります。

     

    かぶり厚さをとる事は大前提で、鉄筋の役割を知る事が重要なんですよね。

     

    上記ベタ基礎スラブの曲げモーメント構造設計計算式においても鉄筋の位置(j)がダイレクトに強度に影響する事が分かりますよね。jに比例して曲げモーメントも大きくなるのです

    つまり砕石から鉄筋までの距離が設計寸法の半分であれば曲げに対する強度は半減してしまうという事になります。

     

    そして、たまに見かける事例

     

    砕石と鉄筋のかぶり寸法を確保する為のコンクリートスペーサーが鉄筋から外れてしまい鉄筋が下がってしまっているケース。

    かぶり不足は当然ですが、鉄筋が下にあっては引張り力は活かされません

    j寸法が半減⇒曲げモーメント力が半減という事です。

    コンクリート打設前の配筋検査が重要ですね。

     

    基礎の土に接する部分はこのように60㎜以上を確保。

     

     

    それでは今日はここまで

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

  • 皆様、今年は本当に暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

    今日は、現場パトロールについて書かせていただきます。

    安藤建築では、毎週月曜日午前中抜き打ちで現場パトロールを行っています。

    現場の安全面、近隣の皆様に迷惑をかけていないか、整理整頓現、場美化はできているか、工事部全員で確認していきます。

    また、パトロール時に気づいた現場の問題点は午後一番の工事会議でみんなで話し合い対策を考えます。

    こういう地味な活動を続けていくことで、現場美化、安全作業、近隣の皆様への対応がかわってきました。

    これからももっと現場を進化させていこうと思います。

     

  • 営業部の片岡です。

    先週末から開催している見学会には、大変多くのご来場いただき、ありがとうございました。

    いよいよ、今日で完成現場見学会最終日となります。

    平屋30坪で、暮らしは40坪位の感覚で住める素敵なお家。

    この猛暑でエアコン1台で家中冷やしてお待ちしてます。

    是非、体感してください。

  • 天白区にて開催中の

    完成現場見学会も、残り3日となりました!!

    平屋のコートハウス!大好評頂いています!

    断熱性のうの体感はもちろん、動線や収納、採光の取り入れ方など、実際に住む家を観れる機会なので!ぜひご来場ください!

     

    天白区完成現場見学会

    8月24日(金)、8月25日(土)、8月26日(日)

    10時〜17時

    詳しくはHPにてご確認ください

  • こんにちは。

    本日は、緑区Y様邸の二階家具を搬入してまいりましたのでご紹介させていただきます。

    一つ一つの棚やカウンターや家具は、すべてオーダー作成になります。

    一か所一か所がきれいに収まるようmm単位まで寸法を割り出して家具屋さんで作成したものを

    現場へ搬入して大工さんが取付いたします。

    まさに、「ザ・注文住宅」の一部になります。

    今回の材料はツガ材を使用しております。

    次回は取付が終わった後にご紹介させていただきたいと思います。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報