安藤建築株式会社

スタッフブログ STAFF BLOG

  • 今日は『協力業者会』のご紹介です。

     

    協力業者さんに集まっていただき年に数回行っている催しで、主に受注状況、今後の工事工程、仕様や納まり、安全管理等について皆で情報共有と勉強をしております。

     

    その様子を少しだけ・・・

     

    営業報告をする北川専務

     

    工事工程を説明する加藤部長

    新仕様の説明をする岡田部長

    工事コンサルにお越しいただいている久保先生からは、安全管理とCS(顧客満足)について。

    何故必要なのかを、背景からと今後の時世を捉えて分かりやすく丁寧にご説明いただきました。

    協力業者会(正明会)の会長、鈑金屋の白木さんから御挨拶

    (責任感が強く、男気あふれるお祭り男!!)

    締めは川口社長による総括。

     

    時代が急速な変化をする中で、常に未来を見据えて前進していく。

    止まっている暇なんて有りませんね。

    簡単じゃないからこそやりがいがある、人の為だからこそ頑張れる。

    皆、気さくで仕事に真面目で良い仲間に恵まれています。感謝。

    今後も皆で力を合わせて、高め合い、多くのお客様にご満足いただく家を

    提供して三方良しを目指します!!

     

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

     

  • こんにちは。安藤建築 総務部の小笠原です。

    12月2日から10日まで名古屋市緑区ほら貝での完成見学会では、大変多くの方にご来場いただきまして誠にありがとうございました。
    はじめて安藤建築のお家を見られる方や、以前から安藤建築のお家のファンで見に来てくれる方、前回の見学会で安藤建築を知って大変遠くから足を運んでいた方、また現在建築中のお施主様などなど、大変賑やかな見学会となりました。
    そのご来場いただきましたお客様の中には「すぐそこの所でも工事してるでしょ!」とどんなお家ができるのか気にしていただいた方もお見えになりました。

    そんな「すぐそこの所」な緑区篠の風で年明け後すぐに完成見学会をお施主様のご厚意により開催させて頂くこととなりました。
    注文住宅だからこそできるお住まいになられるご家族ごとにピッタリと合わせたプランで豊かな暮らしがおくれる安藤建築のお家の次回見学会は2018年1月6日(土)~14日(日)です。

    詳しくはイベント情報へ

    I様邸での憧れのいちまい♡

     

  • こんにちは。営業部の片岡です!

    前回、12月10日のブログで「住宅性能評価」のお話しをしました。

    住宅性能は、住宅の能力を数値化して表します。

    なので、断熱性や耐震性その他もろもろ

    主にハード面の良し悪しが判断しやすくなります。

    しかし

    家が車や家電のように

    性能が良いから=「いい家」

    みたいな感じになってないかなぁ

    って思います。

     

    安藤建築は性能評価書を全棟付けることは、

    前回お話ししましたが、

    だから

    「いい家です!」

    とはいかず、

    その性能があるから出来る事。

    を、大切にしたいと私は考えています。

    「住宅は性能です!」

    ・・・それだけでいいのか。

    と思っています。

     

    その家に住む方が

    健康で、楽しく、便利に、楽に、心豊かになれる家は、

    数値化できる性能面だけでは実現できません。

    その人、家族に本当にフィットしたもの

    でなければと思います。

    それは、手間暇かけた設計力で実現します。

    住宅性能表示。

    住宅性能評価書。

    には出てこない部分も大切に

    一軒一軒の家造りを

    お客様と共にしていきたいと考えます。

     

  • 今日は『ベンチ』のご紹介です。

     

    年々体が固くなってきている事を実感しておりまして・・・

    そんなあなたにあると便利なもの、そう!ベンチですよね~

     

    造作家具と一体化して空間に調和させたり・・・

     

     

     

    桜の幹で風情を出したり・・・

     

     

    と、利便性と個性を玄関にもたらしてくれますよね。

     

    他には折りたたみ式の物もあったりと幅広く商品もございますので、建築会社さんと相談されると後々重宝すると思いますよ。

     

    本日はここまで。

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

     

     

  • 今日は『アシスト』の事例についてお話したいと思います。

     

    先日まで御施主様のご厚意で開催させていただいておりました見学会からの一コマ。

     

     

     

    部屋と庭とのつながりを意識してフラットに移動できるデッキと見通しの良い大開口サッシ(通常幅の4~5割増し)。

    弊社では1階サッシ標準仕様が防犯ガラスとなっておりますし、大開口となると普通のサッシに比べると重さが増します。

    そこで、大開口の場合は『アシスト取手』なるものをオプションで採用していただく事が多くございます。

     

     

     

    通常の掘り込み引手ではなくレバー状の取手となっていまして、このようにレバーを倒して開閉が出来ます!

    掘り込みの引手は指の力を要しますが、アシストの場合はレバーを握って体重を預けると楽に開閉が出来ますので、特にご年配の方にはお薦めしております。

    但し、一点注意が必要なのはカーテンの選定です。サッシ開口枠内に取り付け仕様(ブラインド等)の場合、レバー取手が手前に出ており干渉する恐れがありますので開口枠外に取り付けるカーテン等がお勧めとなります。

     

    以上、計画の際に参考にしていただければと思います。

     

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

お問い合わせ 資料請求 イベント情報